浜松総合防災設備株式会社-冷熱技術事業部 フロン漏えい点検

フロン漏えい点検

フロン漏えい点検

点検について

フロン排出抑制法の対象者は、業務用の冷凍冷蔵庫・空調機器を所有するお客様です。
法令を遵守する為には機器の点検と点検の記録・保存そしてフロンの漏えいが確認された場合は、国へ報告する義務があります。
法改正により管理者であるお客様に法的な義務が課せられました。
フロンをみだりに放出することはもちろん、定められた点検・記録・対処を行わなければ罰せられます。

点検内容

全ての第一種特定製品について、3ヶ月に1回以上管理者自身で「簡易定期点検」を行う必要があります。
さらに管理する第一種特定製品の圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7.5kW以上の場合は
有資格者※による「定期点検」を行う必要があります。

●簡易点検(お客様で出来る点検)

対象機器 点検方法 点検頻度 点検実施者
全ての機器 目視確認
・異音
・外観の損傷、摩耗、腐食、さび、油漏れ
・熱交換器の霜の付着 等
冷蔵機器及び冷凍機器の場合には、
目視検査に加え庫内温度の確認が必要
3ヶ月に1回以上
(季節毎の運転の
負荷変動を考慮)
具体的な制限なし
(管理者自らが実施
することも可

●定期点検 (当社にお任せください)

対象機器と規模(原動機の定格出力) 点検頻度 点検実施者 点検実施者
空調機器
(エアコン)
【50kW 以上】
(中央方式エアコン等)
①目視検査等
② 直接法、間接法又はこれらを組み合わせた方法
【直接法】
・発泡法(発泡液の塗布)
・蛍光剤法(蛍光剤の注入)
・漏えい検知器
【間接法】
機器の運転値が日常値とずれていないか確認し、漏れの有無を診断
1年に1回以上 専門知識を有する者
(十分な知見を有する者)
【7.5kW 以上 50kW 未満】
(ビル用マルチエアコン、ガスヒートポンプエアコン等)
3年に1回以上
冷凍機器
冷蔵機器
【7.5kW 以上】
(別置型ショーケース、冷凍 冷蔵ユニット等)
1年に1回以上

点検の記録・保存

点検の記録は設備・機器を廃棄するまで保管し続ける必要があります。

記載項目については以下をご確認ください

点検の記録について詳しく見る

フロン回収、冷熱設備の点検は浜松総合防災設備にお任せください

冷熱設備の点検、フロンの回収ならお任せください。

お問い合わせご質問等は

浜松総合防災設備株式会社
〒430-0852 静岡県浜松市中区領家二丁目31番15号
TEL.053-465-4664 FAX.053-465-7282

お電話またはメールにてお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

フロン排出抑制法について

点検方法

点検の記録と保存

ページトップ